アセるん

Unity Asset の紹介 または技術的な事を書いていきます。

【アセット紹介】Bird Flock【アニメーション】

今回紹介するのは、Bird Flockというアセットになります。

鳥の郡集合を演出することができるアセットになります。

Bundle版は上位版になります。

映像系や演出を作る方はどうでしょうか。

RPGやゲームでも、上空に鳥が群れをなしてると、演出効果が増します。

 

www.youtube.com

 

 

【アセット紹介】Universal Fighting Engine 【完成プロジェクト】

今回紹介するのは、Universal Fighting Engineという格闘ゲームエンジンです。

Basic版とPro版とSource版と全部入りのBundle版です。

題目の通り、格闘ゲームが作れるものです。

モデルデータがあれば、中々面白いです。

www.youtube.com

 

 

 

【アセット紹介】Camera Path Animator + Easy Airplane Path 【スクリプト】

今回紹介するのは、Camera Path Animator とEasy Airplane Path 

というものです。

ざっくりいうと、カメラの動きをベジェ曲線やカーブを使って表現するものです。

実際にVRプロジェクトでも使います。

映像を表現したいときに使いたいアセットになります。

PlayMakerにも対応してるみたいですが、直感的にデザインできるのでおすすめです。

というのがCamera Path Animator説明になります。

 

また、被写体で動くもの飛んでるものを追従させたいときは、

合わせて、Easy Airplane Pathを使うといいでしょう。

こちらはFreeにも似たようなものはあるのですが、手軽さで紹介します。

 

 

こちらが、WebGL形式のデモになります。

Camera Path Animator Basic Example WebGL Demo

 

WebPlayer形式です。(見る方はセキュリティに気をつけてください。)

AirplanePath Sample Scene

 

www.youtube.com

 

【アセット紹介】UBER - Standard Shader Ultra【シェーダー】

今回紹介するのは,UBER - Standard Shader Ultraというシェーダーになります。

特徴として、光の表現に拘りたい方は、

動画を見て判断されてみてはいかがでしょうか。

動画では分かりにくいのですが、実際にUnity Editor上で見るとかなりすごいです。

 

 

 

www.youtube.com

【アセット紹介】Toony Colors Pro+Mobile

今回紹介するのはトゥーン系シェーダーです。

さくっと、マテリアルからシェーダーを適用して、できちゃうところがポイントです。

見た目を変更するパラメーターもちゃんとありますが

あまり弄らなくてもそれっぽくなります。

ライン表示などもできるので、おすすめです。

フリー版もあるので試してみてはいかがでしょうか。

 

【アセット紹介】A* Pathfinding Project 4.0

以前紹介しました A* Pathfinding Project  3.x系ですが

メジャーアップデートがありまして、4.0になりました。

今回の目玉として、高速化やスキャンのマルチスレッドを重点においているようです。

元々、重量級のテレインでも3.x系はものすごいスキャンニングが早かったのですが

更に早くなってます。

【作者ブログ】

Arongranberg.com – Game Development with Unity 3D

現在は3.x系はアセットストアから無くなっており、新規に買うことは出来ないです。

Unity サブスクリプション Pro特典のAsset KitのURLで、

リンクが外れてるのはそのためです。

Unity3d公式のほうでも、Navmeshをプロシージャル対応してくれましたが

未だに、経路探索としてはこのアセットは優秀です。

特に、公式のNavmeshで困らないのであれば買う必要はありません。

Navmeshのベイク処理に時間かかる等であれば、購入してもいいかもしれません。

A*の理屈が知りたい方は、海外の方がものすごい数を動画として、Youtubeにアップロードされているので、参考にして自分で考えてみると良いと思います。